お金は友達

お金が大好きなblog主(ぷぅ@お金大好き)がお金に関して想うことを綴るブログです。

GNIグループ、想定超の好決算を発表!! 2019/08/14

2019年第2四半期決算発表

大幅な増収増益 

こんにちは、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

米中貿易摩擦に関して、追加関税の引き上げ時期を12月に先送りにするというニュースから、本日、日経平均は反発して始まりました。ただ、場中はどちらかというと売り優勢な感じでした。我らがGNIはというと、朝一反発したものの一度マイナス圏に沈み、引けにかけては、+域まで戻しました。値動きとしては迷走してる感があります。

さて、そんなGNIですが、本日引け後に第2四半期決算発表が行われました。3日前に利益予想を本ブログで行っていました(営業利益5.5~6.0億を予想)が、いい方向に裏切ってくれました!では、決算内容を見てみましょう。

 

2019年第2四半期の結果は、売上3,419百万円(+58.4%)、営業利益681百万円(+184.5%)、四半期利益501百万円(+507百万円)、親会社の所有者に帰属する四半期利益178百万円(+354百万円)と前年と比較して、大きく伸長しました。

これは主にアイスーリュイの売上の伸び及び減税の影響、米BAB社の利益率向上によるものです。営業利益は、私の予想よりも1億円程度上振れました。次にセグメント毎の四半期毎の動向を見てみると、

医薬品事業(主にアイスー)

売上収益︰前4-6月690,302千円(+19.6%) 7-9月 937,775千円(+35.8%) 10-12月 1,009,159千円(+7.6%) 1-3月 1,092,955千円(+8.3%) 4-6月 1,386,531千円(+26.7%)

セグメント利益︰前4-6月 -17,841千円(+3,253千円) 7-9月 27,544千円(+45,385千円) 10-12月 26,141千円(-1,403千円) 1-3月 37,488(+11,347千円) 4-6月 173,431千円(+135,943千円)

期末元円レート:6末 16.678円/元(-1.7%) 9末 16.498円/元(-1.1%) 12月末 15.8円/元(-4.3%) 3末16.5円/元(+4.4%) 6末 15.7円/元(-4.8%)

 医薬品事業については、成長率と元安で相殺され、1Qと同じ利益+減税効果分(37 + 100~150百万)を予想しました。売上から計算すると売上総利益率を0.9とすると、減税効果は162百万程度となります。そうすると、減税効果以外の分は11百万円となるので、これは少し減税分を多く見積もり過ぎでしょうか。当初の想定どおり、37+136百万円くらいと考える方がしっくりしますね。元安にもかかわらず、売上が1Q比+26.7%はいい伸びだと思います。

 

医療機器事業(主にBAB社)

売上収益:前4-6月 452,406千円(+3.1%) 7-9月 520,529千円(+15.1%) 10-12月 431,997千円(-17.0%) 1-3月 482,410千円(+11.7%) 4-6月 457,544千円(-5.2%)

セグメント利益︰前4-6月 145,395千円(+9.3%) 7-9月 145,557千円(+0.1%) 10-12月 118,322千円(-18.7%) 1-3月 187,412千円(+58.4%) 4-6月 282,829千円(+50.9%)

期末ドル円レート:前6末 110.693円/ドル(+4.2%) 9末 113.678円/ドル(+2.7%) 12末108.497円/ドル(-4.6%) 3末 110.815円/ドル(+2.1%) 6末 107.885円/ドル

円高に伴う売上の減少は私が想定していたとおりです。ただ、利益率の上昇が半端ない!という結果になりました。セグメント利益では、130百万円前後を想定していましたが、想像をはるかに超える283百万円となりました。ここで予想と実績で、1億円超ずれてしまいました。。。今後のBABの成長も目が離せませんね。

ところで、F351の臨床試験の記述について気になる文言が増えていますね。『第3相臨床試験の実施方法や早めに承認を得られるかどうかなどを含めて。。。』と記載されています。F351の早期承認となるとGNIの企業価値が大きく上昇すると思われますので、目が離せませんね。

この決算発表を受けて株価がどう動くは結局のところよくわからないのですが、GNIの順調な成長が確認できてよかったと思います。

ではでは、皆さんがよい投資生活を送れますように。

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。