お金は友達

お金が大好きなblog主(ぷぅ@お金大好き)がお金に関して想うことを綴るブログです。

GNIから決算説明資料発表 2019/2/18

決算の期待感から失望へ

一株3180円なり 

こんにちは、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

GNIから決算説明資料が発表されました。今回の決算は売上がほぼ予想どおりの約50億、利益面は為替変動による為替差損で親会社の所有者に帰属する当期利益は約2億の赤字となりました。

なお本業の儲けを現す営業利益は+268%の568百万円となっており、順調に利益が伸びています。

正直3Qの伸びから、4Qはもっと伸びるかと期待したのですが、ほぼ売上は予想どおりの着地です。

もともと、4Qが伸びると思ったのは毎年4Qの売上が特に多かったからなのですが、4Qが伸びるという想定が間違っていたのかもしれません。

約一年程度の周期で大きく売上が伸びる(まとめ買い?)時があるというのが正確なのかもここ数日、考えていました。

とすれば2018年は想定よりもやや多く薬が売れたため、これまで4Qにあったまとめ買いが早まって3Qに計上された可能性があります。

この仮説なら通期の売上の想定は変わらずに、3Qが大きく伸び4Qはほぼ横ばいとなった現状の説明が可能です。

なお、会社予想では2019年は70億の想定と4Qの伸び悩みに見える現状からすると結構強気な予想ですので、じっくりと待ちたいと思います。仮説が正しいかどうかは今後の売上の経過で確かめたいですね。

 

さて、説明資料では、多分初めて各分野の子会社毎の持分比率を明示した営業損益が記載されました。これで幾分か会社の不透明感が払拭された気がします。

この説明資料を見て前から気になっていたアイスーリュイの権利関係の事が見えてきたような。。。気がしました。

アイスーリュイの製造販売は北京コンチが行っていますが、GNIの持分比率が約50%です。一方、100%子会社の方で主に研究開発してるので、親会社の所有者に帰属する当期利益はなかなか数字が増えにくいという現状があります。

この様な現状で、研究開発していない北京コンチがアイスの利益全部持っていくのは変じゃない?全てがGNIの100%子会社でないならちゃんと子会社間でロイヤリティを払うべきじゃね?と前々から気になっていました。

そんな中での今回の説明資料です。中国でF351等医薬品候補の臨床開発する研究開発推進子会社営業損益がたったの2億の赤字。

この子会社は基本的に売上が0でそこから設備の減価償却や人件費、研究開発費を引いたものが営業損益となるはずです。やっぱ、少ないよね〜

なんかロイヤリティもらってます?と気になるわけです。

ちょっと過去の資料あさって、今回発表された情報でなんか見えてこないか計算してみたいと思います。

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

ユニバとカジノ 2019/2/8

カジノの業績が急伸

一株3175円なり 

こんにちは、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

本日の話題はぷーの大好きなユニバーサルエンターテインメントです。パチスロをやった事をある人なみんな知ってるメーカーですね。未だホールに数多く設置されているミリオンゴットやバジリスク絆、まどマギ、ハナビなどの台を出している会社の大元です。

業績の基盤は、国内パチンコ、パチスロ事業で先行き不透明感が漂う業界ですが、同業他社と異なる点は何と言っても岡田マニラです。まだ、フルオープンしていないですが、実際にフィリピンのマニラでカジノリゾートを運営しています。

開業して1年程度ですが、順調に来客数、売上が伸びているようです。本日1月実績値の速報が発表されました。

カジノ総売上は、3841百万ペソで前年同期比で+134%、前月比+52%となりました。ここ一年の推移を見ても急激に伸びていますが何があったんでしょうか。調整後EBITDAは648.7百万ペソとなり、前年同期比で前年+683%、前月比+40.9%とこちらも順調に伸びていますね。

カジノ事業はまだまだ伸びると思っていますので今後も引き続きNISA枠にて保有方針としています。

そのうち株主優待で岡田マニラに招待してくれないかな〜

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

和弘食品 2019/2/7

好決算な感じ

一株2820円なり 

こんにちは、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

本日の話題は好決算?を発表した超絶不人気銘柄の和弘食品(2813)です。何をしている会社かというと北海道でラーメンのスープを作っている会社で、最近は、北米にも工場を作って、海外でも頑張りはじめた会社です。

100株保有で5000円の配当と2000円相当の北海道産品詰め合わせが貰えます。総合利回り約2.5%という事でまーそんなに利回りが良い方ではありません。

PBRは、0.58という事で低く、資産面からみると割安感があります。時価総額は27億ほどなので人気がでるとすぐに飛びそうな規模です。

ぷーは、北海道、ラーメン、海外進出というキーワードと割安感から面白そうな気配がしたので少し前に100株だけですが、今年のNISAの隅に入れてました。

さて、業績面はというと、予想PERは96と激高ですが、本日の決算を見ると全然問題ない感じです。本日発表では、

売上7860百万(+12.7%)、営業利益216百万(+53.8%)、純利益137百万(+250.1%)と前年同期と比較すると非常に良い感じです。

また、通期予想は季節変化を考慮し据置としていますが、売上の進捗81.7%、営業利益の進捗249.9%とこちらも非常に良い数字。

なお、海外の売上は前期比52.7%増でまだ割合は小さいですが大きく成長しているのがわかります。また利益面でも前年同期と比べ1億ほど改善し、海外事業の黒字化がもうすぐというところまで来ているようです。

営業CFでは連結で、H29 78百万 H30 278百万 H31 442百万 

とここ数年で大きく伸びていることがわかります。

気になる点としては、基盤となる国内事業では売上が伸びてはいるものの原材料費及び人件費の上昇により売上営業利益率が下がって来ている事ですね。国内事業が支えている間に海外事業が大きく伸びてほしいところです。

 

というとこで、資産面からは割安で、国内事業で気になる点もあるものの、全体としては成長中の企業です。事業内容も美味しいが詰まった北海道ブランドで、今海外で人気が出てきている日本のラーメンを取り扱っているちょと面白そうな銘柄。北海道の詰め合わせを貰いながらのんびり成長を眺めるのも面白いのではないかと思います。

なお、ものすごい不人気で数日間出来高0が続くこともあり売買は至難の技です。なにかをきっかけに人気化すれば時価総額が小さいだけに大きな上昇もあるかもしれません。

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

GNIに一言いいですか!? 2019/2/6

サンバイオショックから+18%

一株3530円なり 

こんにちは、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

ぷーのポートフォリオの古参にあたるGNI(2160)が本日の話題です。GNIの株価はサンバイオショクにより1/30に付けた2986円から5営業日で約18%上昇し、3530円となりました。

 

・・・なんでまだこんな値段なんだよ❗ファーストブロックバスター上市したんだろ❗保険収載されたんだろ❗黒字化したんだろ❗セカンドブロックバスター候補薬が2相中間解析良好だったんだろ❗

なんで、上げの時は移動平均線にぶつかる度にすぐ下げに転じんだよ❗なんで下げの時は移動平均線にぶつかるとサポートラインにならずにむしろ下げが加速すんだよ❗なんでアンジェスはあんなに簡単上がんだよ❗

あーいらいらするわ!!!!!!!!!!!!!!

・・・すいません取り乱しました。数年間の心のもやもやを吐き出してちょっとスッキリです。またアンジェスホルダーの皆さんには大変失礼しました。

というわけで5日で+18%のGNIちゃんは相変わらず低空飛行を続けており、ここ数年間たいして株価は変わっておりません。ただし、ここ数ヵ月何度かあった3000円割れが底値と仮定すると10年チャートでは確実に右肩上がりのトレンドとなっており、底値も切り上げているのが分かります。

うーん、それなりに材料豊富な気がするんだけどね。なかなか市場の判断は厳しいですね。まーもともと期待値が高かったという事なのかもしれません。

ちなみに、GNIについては2015年NISAで家族の口座合計900株+特定口座保有分となっています。その他のバイオNISA同様にロールオーバーにより資産爆増を狙っております。あーいつかGNIでにまにまできる日が来るのかな〜

 

引き続き静観しているだけの株主で申し訳無いですが、フレッ、フレッGNIな皆さん❗❗フレッ、フレッ株主の皆さん❗❗

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

そーせい念願のトレンド転換なるか 2019/2/4

オレキシン受容体作動薬プログラムを基盤とするMedicxi(同社最大投資額40百万ユーロ)との提携に関するお知らせ

買われるターンがやってくるか!? 

こんにちは、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

さて、サンバイオショックもそろそろ市場になじんで来たところでしょうか。PTSをみると明日は大商いとなりそうです。まだサンバイオに関しては先行き不透明といったところで継続的な資金流入は当分厳しそうに感じます。

ぷーの保有しているバイオ関連付けではラクオリア創薬が一歩早く動意ついた感じとなりました。きっかけは同社のパイプライン、テゴプラザンの競合薬となる武田薬品のタケキャブが逆流性食道炎、非びらん性への適応拡大に失敗した事によるものです。

非びらん性にも効果が認められるテゴプラザンの見直し買いという流れですね。テゴプラザンの価値が相対的に上昇したという事で今後の販売戦略に期待したいところです。

 

さて、2年間株価が下がり続けたそーせいさんが本日の本題です。

そーせいはここ数ヵ月で何度か反転しそうなタイミングがあったのですが、治験中断、年末崩壊、サンバイオショックと度々反転のタイミングを逃した形となっていました。これは、買い増ししたかった投資家からするとチャンスが多くあったとも言えます。今回は4度目の挑戦するきっかけとなりそうな発表がありました。

本日、標記お知らせが発表されています。相変わらず難しい単語が多いのですが、オレキシン受容体なるものを対象とした創薬をするために子会社を設立するとの事です。

内容はざっくりいうと、提携先のMedicxi社が最大約50億出資し、そーせいからは開発技術を提供するというものです。

そーせいからすると、将来のリターンは減るけどパイプラインがさらに充実し、研究開発資金が増加を低減させらるという事ですね。今のそーせいのパイプラインや資金面を考慮すると良い内容であると思います。次々と大きな契約や提携が生まれるそーせい(ヘプタレス)はやっぱりバイオベンチャーとしては一歩抜きん出てる感じがしますね。

さて、ぷーは以下の記事で書いたように治験中断以降、機会を見つけてはそーせいを買い増しし、今回のサンバイオショックによる下落、1000円割れのタイミングで保有株倍増へと大きく買い増ししました。これで、2,3年前との比較で実質4倍強の株数となりました。

また、そのうち一部は、年末の暴落のタイミングで単価850円ほどで今年のNISA口座へ移しております。ほぼ一本足打法のサンバイオが崩れた今、バイオ関連では、パイプラインが豊富なそーせいやラクオリア創薬、実際に薬を販売し大きく売上が伸びているGNIグループ等は見直し買いが入るのではないかと期待しています。

http://rpuu.hateblo.jp/entry/2018/09/20/230624

http://rpuu.hateblo.jp/entry/2018/09/18/23253

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

サンバイオより悲しいお知らせ 2019/1/29

再生細胞医療薬「SB623」慢性期脳梗塞を対象にした米国でのフェーズ2b臨床試験の解析結果の速報について

売られるターンがやってきました 

こんにちは、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

本日引け後にサンバイオから悲しい標記お知らせがありました。内容は、現在実施中の慢性期脳梗塞を対象にした治験で主要評価項目を達成できなかったという解析結果の速報を得た、と発表がありました。

この法被受けて夜間PTSでは圧倒的売りにより3000円マイナスのストップ安となっています。

結構期待していただけに残念な結果となりました。株価もかなり高い位置にあって信用買も溜まっていただけに今後はかなりきつい下げになる事が予想されます。

てかなんで、バイオ銘柄を信用買するのかが、ぷーには理解ができません。もともと、サンバイオは一本の薬に等しいのに、今回安全性に問題がなかったから良かったものの、もし問題が見つかったら良い治験結果を得たTBIに関しても一気に先行きが不透明になり、それこそアキュセラの二の舞いになるリスクがあります。そんなところを借金して投資するものではないとぷーは常日頃から思っています。

それでも成功した時は大きなリターンが見込めるので、投資するなら最低限余裕資金のごく一部を振り分けて現物で投資するようにしましょう。

さて、というところで話を戻し、IRをしっかり確認しておきたいと思います。今回何が駄目だったかというと、「投与6ヶ月後にベースラインから10ポイント以上改善した患者の割合についてコントロール群と比較して統計的な有意差を示さなかった」とあります。

ポイントは、「6ヶ月後」、「10ポイントの改善」、「コントロール群との比較」のあたりです。この詳細が分からないと慢性期脳梗塞に対する効果の程がよくわかりません。

前回のフェーズ1/2aの結果では、投与後2ヶ月ほど急速回復してその後、2〜3ヶ月ほど反動で改善効果が薄れ、その後緩やかに改善するような推移となっています。そして今回の有意差が出なかったとされるFMMSという指標はほぼ10ポイント程度の改善が中央値となっています。そして機能の改善の総括としては投与後6〜12ヶ月継続とされていました。

この辺の結果を振り返ってみると「6ヶ月」で「FMMS10ポイント」というのは少し際どい数値設定だったのではないかと推測しました。

経過時間と、改善率についてもう少し詳しい情報の開示を待ちたいですね。

 ぷーは、引き続きNISA放置なので相変わらずアップダウン眺めているだけです。株主としてはとりあえず、TBIだけでも早期に上市して安心感を与えてもらいたいです。

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

総合利回り10%超!? 2019/1/24

日本モーゲージサービス

株主優待拡充後初の寄り付き 

ご無沙汰しております、なんとなく健康の為(ポイントの為)に日々、歩き続けているぷーです。

1/21日本モーゲージサービス(7192)より増配及び株主優待の拡充のお知らせがありました。

内容は配当を1株35円(普通20円、記念15円)に増配、100株以上保有の株主対象に3000円のクオカード及び9000円相当のカタログギフト(3年以上保有、1 年〜3年保有では4500相当)を贈呈というものです。

この発表受け二日連続寄らずのストップ高となり、本日発表後初めて1454円で寄り付きました。その後、急騰の反動か1300円付近まで押されて終値は1290円となっています。

終値で記念配当を除く利回りを計算すると10.9%となり、カタログギフトは食品も選べるようなので優待が好きな人からするとかなりお得な銘柄に映ります。

さて、業務内容はというと、住宅ローン等の住宅関係のファイナンス事業がメインの事業のようで、ここ数年間は業績が拡大しているようです。住宅関係といえば先日、タマホームも上方修正していましたし、業界的には調子がよいのでしょうか。

本日時点で会社予想の当期利益から計算するとper11倍程度なので業績からは無理な配当をしている感じではないですね。また四季報を見ると特定株64%、浮動株7.6%と記載があります。時価総額は90億程度ですし、優待好きな人がちょっと買ったら浮動株すぐ無くなってしまうんじゃないかという気がします。

仮に発行株式数の10%を個人投資家が100株づつ3年以上保有すると優待費用は8500万くらいになる計算ですね。これくらいの負担なら優待が改悪されない事を期待したいです。

なお、ぷーは本日2名義分購入しております。

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。